FX基礎知識 04

第4回目ですが今回は、

【pips】

【ロット】

のについてです。

 

pips(ピプス)

pips(ピプス)の説明からしていきます。

pipsとは為替が動くときの最小単位のことです。

pipsは複数形なので、単数のときには、pip(ピプ)となります。

為替が変動するときの最小単位を1 pipといいます。

 

よく耳にする『今日は100pips勝った』などは、

100pips勝った100銭幅(1円)の利益が取れたということです。

なぜ銭をつかわないでpipsにするかというと、

異なる通貨でも比べやすくするためです。

 

例えば、ドル円の場合は、

100.75、の『5』の部分が最小単位です。

100.75から、100.76になれば、1pip上がったということになるます。

その逆で、100.75から100.74になれば、1pip下がったということです。

円の絡む通貨のことをクロス円といいます。

 

ロット

ロット(Lot)とは、FXをするときの取引単位のことです。

FXではある程度まとまった数量を1単位として取引していきます。

まとまった数量とは、取引している証券会社によって違いますが、

基本的に

1ロット=1000通貨 または、 1万通貨

です。

 

 『1万通貨とは、』

ドル円で1万通貨=1万ドル

ユーロ円で1万通貨=1万ユーロ

通貨ペアの左側の通貨単位を指します。

 

資金管理でとても重要なので、覚えておいてください。

 

 >>>第5回目のFX基礎知識はレバレッジとスプレッドです。

 

▼何か疑問点などありましたら、気軽に質問してください。▼

お問い合わせはこちら!!

 

何か参考になりましたら、
ランキングの応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ